India

1.アジア Asia

南米の仇をインドで打つ-5

結局、登頂までに要した時間は10時間。再びアッパー・キャンプまで下山するのに、さらに6時間近くかかった。けれども、あの時のわたしの体力を考えれば無理もなかった。脚も膝もふにゃふにゃで、ほとんど力が入らず。それを嘲笑うかのごとく、昼間の気温で...
2021.07.10
1.アジア Asia

南米の仇をインドで打つ-4

わたし達のずっと前を登っていた人影が、こちらに近づいて来るのに気がついた。 「なんで彼は下りてくるんだろう?」 実はこの夜に登頂を目指していたのはわたし達だけではなく、もう一人、チェコから来た男性がいたのだ。 彼はガイドを伴わず、わたし達...
2021.07.10
1.アジア Asia

南米の仇をインドで打つ-3

23時少し前に目が覚めた時、昨晩あんなにも激しくテントを叩きつけていた雨の音は、耳をすましても聞こえてこなかった。寒さへの抵抗と体力の節約から、23時にセットしたアラームが鳴るまでしばらくぐずぐずとテントの中で粘っていたけれど、とうとう我慢...
2021.07.10
1.アジア Asia

南米の仇をインドで打つ-2

数日後、結局シェアする相手が見つからなかったことが幸いだった。 わたし一人でガイドを雇ってストック・カングリの頂上を目指すことが決まったので、予定よりも一日ずらして、熱中症からの回復を待って出発することにした。 比較的対応が良かったことと...
2021.07.10
1.アジア Asia

南米の仇をインドで打つ-1

この旅の最後に、どうしてももう一度インドを訪れたかった理由 ー ラダックの名峰ストック・カングリ(6,153m)に登るため。 南米パタゴニアで突如として山に魅せられて以来、何度かチャレンジしてきた登山。 ボリビアのワイナポト...
2018.02.09
5.中東 Middle East

イスタンブールでインド・ビザ!

イスタンブールでは、ひとつの大きなミッションがあった。インド・ビザを取ること。 この旅の最初の頃(2013年秋~冬にかけて)に、既に一度インドは訪れているのだけれど、その時は南インドにほぼ沈没。今回は北インドでどうしてもやりたいことがあって...
2021.07.13
1.アジア Asia

私的インド感

"インド感"とタイトルしたけれど、"南インド感"とした方が適切かもしれない。 なぜなら約2か月のインド滞在のうち、1ヶ月半を過ごしたのが南インド。つまりインド人に対してわたしが抱いた印象のほとんどは、南インドでの体験に基づくものだから。...
2018.01.28
1.アジア Asia

ロンジー再び −アレッピー

ミャンマーで初めて目にして惚れ込んだロンジー(男性が身に着けているロングスカート風の腰巻)。それをここ南インドのアレッピー来て再び目にして、またしてもノックアウトされた。 南インド、というかアレッピーのあるケララ州では、ムンドゥまたは...
2018.01.28
1.アジア Asia

恋愛事情 −アレッピー

アレッピーのゲストハウスに滞在中、掃除や洗濯を終えたジンスと、よく一緒にテレビを観た。 特によく観たのはインド映画。歌や踊りが満載で、まるでミュージカルのようなボリウッド映画の楽しさは今やとても有名だけれども、ここアレッピーでは、マラヤ...
2018.01.20